in one's youth

そして でんせつが はじまった!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[感想]放課後の魔術師〈3〉マスカレード・ラヴァーズ

やっとサマーウォーズ見てきました。ついでに20世紀少年もはしごしてきました。
劇場で観る映画はやっぱいいですね。自宅の気軽さとはまた違うよさってやつですね。
さて、放課後の魔術師第3巻です。

遥は「探偵推理研究会」というダミー部活で安芸から論理魔術を学んでいたが、一向に腕は上がらず、恋のアプローチも空回りするばかりだった。そんな夏休み初日、ふたりは豪華クルーザーに乗り込むことに。プチ旅行に浮かれる遙だったが、実はそれは“完結した円環”の命令であり、“紅”の論理魔術師として覚醒した遙を“査問”する目的があったのだ。彼女の身を案じる安芸が警戒するなか、洋上で“円環”幹部の殺人事件が発生する!!

クルーズ。またすこーしだけ、お話の真相部分が明らかになった感じで。
好みにも寄るのだろうけど、やっぱり一人称のって読みやすい。文学的にありかどうかっていうのはわからないけれど、各々の心の声が見えるのは(すべてではないけど)作品に入り込むとは違うかもしれないのだけれども、キャラクターに入り込める感じで好きですね。

この作品も世界観内だけで通じる単語はいくつかあるのだけれど、それでも他の作品に比べるとわかりやすい。下手によくわからない魔法名をあーだこーだと出されるより、ルールに沿って魔法構成を述べる(紡ぐ?)このタイプはほんとに感覚的に理解しやすい。
うまく表現できないけれど(読書記録なのでヨシとする)このわかり易い文章をこのまま継続してもらいたいー。

放課後の魔術師  (3)マスカレード・ラヴァーズ (角川スニーカー文庫)放課後の魔術師 (3)マスカレード・ラヴァーズ (角川スニーカー文庫)
土屋つかさ
角川グループパブリッシング 2009-04-01
売り上げランキング : 89035

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/01/19 07:51 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://youyouyouthful.blog99.fc2.com/tb.php/203-a00ff184

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。