in one's youth

そして でんせつが はじまった!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[感想]放課後の魔術師〈1〉オーバーライト・ラヴ

あんまりこういう類の本を読まないけどある意味本の虫な知り合いがこのシリーズを珍しく読んでいたので、興味を持って購入です。まぁ、なんでこのシリーズを読んでいたかは途中でふと気付いたんですけどね(本編には関係せず)。

ある朝、播機遙は見慣れぬ少年・秋津安芸に出会う。転校生かと思い親切にするが、安芸が17歳で自分の担任教師になると知って、遙は愕然とする。一方、彼の出現と同時に学園で不可思議な現象が起き始める。安芸は万物の“可能性”を引き出して事象をねじまげる論理魔術師であり、学園に潜む天敵を倒すという隠れた目的があったのだ。安芸の不審な行動に気付いた遙は彼に接近するが、それは論理魔術師の世界に踏み込む行為だった―。
第12回スニーカー大賞奨励賞受賞作。

改めて、タイトルが持つ力はすごいなーと。受賞作状態のタイトルだとちょっとわかりにくいのですが、現状のタイトルだとどこかしっくりくる。コピーって大事。タイトルって大事。でも読み終わってみると3H2Aっていうのはタイトルに残してほしかった気も。

あとがきで24的なスピード感を生み出すため、と書いてあった場面(視点?)切り替えは慣れるまでちょっと唸った感じですが、慣れれば誰視点になっているかがすぐにわかるので、その点はわかりやすくてよかったです。これ誰視点だよ!っていうのはたまーに違う作品で感じるので。
そういう意味でも基本的にはテンポよく、読みやすくて良かった。

魔術の呪文というかコードというか、その辺はなんというか現代ゲーム的で、書式がしっかり決まってる感じなおかげである意味わかりやすい。主人公の遥も巻き込まれ型にしては活動的で、積極的で、好感が持てます。理事長キャラの弟溺愛キャラは受賞後に作られた感。どうなんだろう。

それと、今作で思ったのは、説明文の部分があまりわかりにくくないこと。これ、結構大事ですね。読んでて結構すんなり入ってきたと思う。マニュアルというか、チュートリアル慣れしてる感じ。

という感じで、一文目の理由から既に4巻揃ってるのでちまちま読んでいきたいと思います。
そのうちアニメ化されそーな作品と勝手に思い込み。

放課後の魔術師 (1)オーバーライト・ラヴ (角川スニーカー文庫)
放課後の魔術師  (1)オーバーライト・ラヴ (角川スニーカー文庫)土屋つかさ
角川グループパブリッシング 2008-09-01
売り上げランキング : 150053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
放課後の魔術師  (2)シャットダウン・クライシス (角川スニーカー文庫) 放課後の魔術師  (3)マスカレード・ラヴァーズ (角川スニーカー文庫) 放課後の魔術師  (4)ワンサイド・サマーゲーム (角川スニーカー文庫) 黒猫の愛読書 I  -THE BLACK CAT’S CODEX-  隠された闇の系譜 (角川スニーカー文庫) スクランブル・ウィザード (HJ文庫)

| | 03:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://youyouyouthful.blog99.fc2.com/tb.php/201-907bba58

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。