in one's youth

そして でんせつが はじまった!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[感想][☆3]よくわかる現代魔法〈2〉ガーベージコレクター

DQ9を相変わらずちょくちょく進めてますが、ついに昨日のすれ違いでまさゆき地図げっと!
ある意味、この地図を手に入れることがDQ9の新のエンディングなのかもしれません。
というわけで、よくわかる現代魔法2巻、さくっと読んでみました。

渋谷の街には魔物がひそんでいる。ある日曜日、街角で落書きをしていた達彦はふたりの自称魔女に接近遭遇。美鎖と弓子の魔法バトルに巻き込まれた達彦は、スプレー缶を片手に、町中を駆けずり回るハメに。やがて巨大な魔法が街全体を覆いはじめる。タイムリミットは午後5時。ガーベージコレクターが渋谷に降臨する時、全ての記憶は失われてしまう!?
ネット時代の魔法物語、第2段!!

1巻とはまた違った形で様々な専門用語が使われているので、その辺のわかりにくさを除けば読みやすいといえば読みやすく、最近購入する本に比べるとの厚さ本自体薄めなのでそういう意味でもサクッと読める感じでした。
1巻読み終わっても感じたことなんですが、嘉穂が最後毎回ほっとかれちゃってますね。あと主人公が主人公っぽくない。これはまぁこういうのもありだよねって感じですが。

「忘れたい記憶を消す」っていう点についての着想はうまいですよね。だけど消しちゃいけないものもあるのさー。うーん、それもよくわかる!

ただ、犯人の響子とキョウコ先生の共通点がわからないんですよね…。実は生きてて系のことなのかもしれないけれど、その辺の描写はまったくないし、そもそもこの犯人の行動の原因やらもちょっと不可解な感じ。読み飛ばしてしまっただけかもしれませんが…(読解力ないもんで)。
最後の記憶の復元部分に関してはまぁ暗示やらなにやら色々あると思うのでその辺かなと納得はいくんですが、やっぱり犯人の意図が読めない感じでしたね。

よくわかる現代魔法―ガーベージコレクター (集英社スーパーダッシュ文庫)よくわかる現代魔法―ガーベージコレクター (集英社スーパーダッシュ文庫)
桜坂 洋

集英社 2004-05
売り上げランキング : 8462

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | 08:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://youyouyouthful.blog99.fc2.com/tb.php/190-55d33540

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。